消防立ち入り検査の結果は、、、?

消防署の立ち入り検査をしました。 検査だから来る人は2、3人くらいかな〜と思ってた矢先、 消防車が2台。計8人も来て、検査される身としては緊張感が増す一方でした。(笑)     IMG_2128 ▲検査開始。   IMG_2129 ▲消火器の取り回し方も改めて教えてもらいました。 コツは「消火器一本使って火災を止められなかったら逃げろ」でした。 肝に銘じます〜。   IMG_2130 ▲火災報知器チェック中。   IMG_2131 ▲報知器の数が多いので、報知器チェックだけでけっこう大変。     ▲報知器の検査。報知器が鳴るので見る人は音量に注意してくださいね。   といっても、消防の方たちとは一度会ってるんです。 宿運営のため「防火管理者」という資格を取得する際の教官だったからです。   ↓資格取得時の様子   IMG_2102 ▲2日間みっちり教えてもらいました。   IMG_2103 ▲地震の怖さを思い知らされる車。   なんとも優秀で、過去の地震の揺れを再現できるとのこと。 「はい、次の人は阪神淡路〜!」 「はい、次の人は首都直下地震いっとくよ〜!」 と軽快にボタンを押すノリがいい消防士さんたちでした。(笑) しかも「謎のボタン」があって、押すとカウントダウンが始まり、震度8想定の地震を体験できるとのこと。   そういう仕事でも遊び心がある感じがいいですね。   IMG_2104 ▲消火ホースの体験。もう少し晴れていれば虹ができたのになー。   こんな感じで2日間、教えていただいたので検査中もスムーズに進んだのかな〜と思います。   肝心の検査結果も「問題なし!」とお墨付きをもらえました^^   あとは保健所と使用開始直前での消防検査が問題なければオープンです!       肝心のゲストハウス作りはどうかというと、先週はゲストハウスのの入り口作り。 木が生い茂っていた裏口をゲストハウス用の入り口にするべく、伐採!   IMG_2166 ▲脚立ってハシゴにもなるんだね。   ▲ロープで木の倒れる方向を定めながら切っていきます。     IMG_2165IMG_2164 ▲倒した木の枝も細かくして、、、       IMG_2167     じゃーん!   木を2本倒すだけでこんなに別世界とは、、、 この入り口に木で階段を作ろうかな。   内装のほうは、、、   掃除が終わらない!7年前に住んでいたとしても、家の丸洗いは建ってから一度もしていないとのこと。 助っ人友人と50年分の土誇りと戦い続ける毎日であります。   IMG_2109 ▲手伝ってくれている友人(メキシコ人)   IMG_2147 ▲手伝ってくれている友人(こちらは日本人)   IMG_2148   ▲障子の張替えも慣れてきました。   ブログの更新が遅れ気味ですが、ゲストハウスは着々とできておりますのでご安心くださいませ!   それでは!