BLOG

ここに説明を入力します。
ここに説明を入力します。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ゲストハウス
  4. 【和室ドミの宿命に決着。】ついたてをDIY!

【和室ドミの宿命に決着。】ついたてをDIY!

こんにちは。ゲストハウスjicca店主の比企です。

 

実はオープン当初から抱えていた悩みがあります。

 

それは、和室ドミトリー(相部屋)に、二段ベッドはおくべきか問題です。

 

説明します。

もともとゲストハウスは海外で出来たもの。

相部屋の部屋はフローリングの為、二段ベッドを置くスタイルが一般的です。

二段ベッドはスペースを確保できる上にカーテンレールをつけるとプライバシーも保たれる

ゲストハウスには欠かせないもんなんです。

 

プロジェクト当初は、

 

 

「二段ベッド以外ありえん。」

 

 

とばかりにIKEAにて二段ベッドを購入しました。

 

しかし、オープン直前、和室の畳を新品に。

そうすると、、、

 

畳のたまらない匂いが!

 

古民家の木の香りと混ざり、なんともリラックスできます。

新品の畳に寝れないのはなんとももったいない。

 

「でも二段ベッド作っちゃったしなぁ。」

 

しかたなく折衷案として、二段ベッドは一つにして、

お好みで畳とベッドを選べる形にしました。

IMG_5033

 

そんなこんなで6月。

ホームセンターに行くと、屏風が売っていました。

images

この時、ひらめきました。

 

これを布団と布団の間に挟めば、プライバシーも保護できるし、安心して眠れるんじゃないか?

 

ということで早速DIY!

 

電気工事も日曜大工もできちゃうスーパー友達に手伝ってもらいました。

(事務所の関係で顔出しはNGです。嘘です。)

IMG_5456

 

ホームセンターからパイン材を!

DSC_1172

 

DSC_1179

 

釘でつなげていくだけのシンプル設計。

土台と、壁の部分を別にしたことにより収納しやすくしました。

IMG_5457

 

IMG_5458

 

お次は電気工事。

 

ここで問題。宿に来たらまず何をしますか?

A.シャワー

B.充電

C.お茶

 

正解は

 

 

 

 

B.充電

 

です!

これまでは部屋に備え付けのコンセントから延長コードを使ってました。

でも、知らない人だと気を使いますよね。足らない時もあるし。

 

そこで、ついたてにコンセントをつけて誰でも充電できるようにします。

 

 

IMG_5592

▲工具

 

IMG_5591

▲コンセント類

 

IMG_5593

▲回路をつないでいきます。

 

そして、、、

 

IMG_5620

 

完成!

並べたらこんな感じ!

 

DSC_1174

 

ライトもつけたので、みんなが寝静まったあとでも、本読んだりできますよ^^

 

夏真っ盛り。筑波山はGWほど混んでいなくて、今ならスイスイ登れます!

祭りも目白押しの茨城に是非遊びに来てください!

 

———————————————————————————————————–

【勝浦のゲストハウスに泊まりました!】

家族旅行で、海から徒歩1分の海外沿いにあるお茶の間ゲストハウスに泊まってきました。

オーナーさんも気さくな方で、ご飯もおいしいです。

房総に行かれる際はお茶の間ゲストハウスに決まり!

IMG_5539 IMG_5529

 

【7/31(日)16:30~ いばらき暮らしセミナーにゲスト出演します。】

店主がゲスト出演します。

 

内容はUターンしてからの働き方について。

私が茨城に帰ってきたのは去年の10月、帰ってきたばかりです。

その為、東京にいた頃の不安や悩みは鮮明に覚えています。

数ある悩みの中で、最も考えたのは、「どうやって食べていこう?」でした。

 

現在は、平日は診断士として経営支援を、休日はゲストハウスの運営をメインに仕事をしています。

幸い、多くの方々に応援していただき、毎日充実しています。

 

セミナーではUターンを考え出してから今日までの活動を洗い出し、重要なポイントを踏まえ、

地方で仕事を創る方法についてお伝えします。

 

以下スケジュールです。

1.日時

平成28年7月31日(日)16:30~19:30

2.場所

NPO法人ふるさと回帰支援センター(千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館8階)

申し込み、詳細はこちらから。

 

地域移住、Uターンをお考えの方は是非参加してくださいね!

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事